心のモヤモヤを取り払う!うつ病チェックでいち早く気付こう

豊富な種類

カウンセリング

うつ病と一口に言っても、幾つかの種類に分類されます。ザックリ分けると、従来型と新型があります。一昔前までの症状に関しては従来型と認定されており、何でも真面目に受け止めたり責任感が強かったりする人が発症しやすいという特徴がありました。また、体重が減ったり不眠が続いたりなどが一般的でした。対して新型は、別名で非定型とも言われてます。先ほどとの真逆の症状が起こると考えて良いでしょう。不真面目で無責任な性格をした人が発症しやすいとされています。暴飲暴食をして体重が増加したり、過剰に睡眠をとってしまったりなどが主な症状です。うつ病のイメージとは程遠いとも言えるので、新型うつ病だと気付くのは難しいかもしれません。また、非定型と呼ばれるくらいですので、他にも現代型や未熟型などの名称があるようです。時代の変化と共に、うつ病の種類や呼び方も増えていくのではないでしょうか。定期的にチェックする事で、新たな症状を見つけ出す事が出来るかもしれません。従来型に当てはまらないから病気ではないと決めつける人もいますが、病魔は日々進化しながら現代人に近付いているので注意しましょう。ネット上に設けられているチェックリストには様々な症状が掲載されています。

仕事が原因となり、うつ病が発症するケースは非常に多いです。毎日の残業で睡眠不足が続いていたり、人間関係が原因となってトラブルが起こったりするのが一般的な原因です。また、人によっては嬉しいはずの昇進も、時には大きなストレスとなる事があるでしょう。今までは自分のリズムやタイミングなどで進められていても、上の立場になると部下を育てていかなくてはなりません。そうなると、自分の仕事をしながら部下の面倒を見る必要があります。もともと器用な人なら問題ないのですが、一つの事に集中したい人にとっては大きな問題だと言えるでしょう。こうした事が原因で転職を繰り返したり、無職になってしまったりする人は少なくありませんが、人が満足のいく生活を送る為には仕事をしなくてはなりません。楽しく働けていても、どこかでストレスは感じているものです。ストレス社会と言える現代ですので、上手く発散しながら働かないとすぐに病気になってしまう恐れがあります。最近仕事に行きたくないと考えたり、仕事をしていて辛いと感じたりしているのであれば是非チェックをしてみましょう。うつ病チェックが決め手となり、心療内科を訪れて救われる人は沢山いるのです。