心のモヤモヤを取り払う!うつ病チェックでいち早く気付こう

大切な人を守る

女性

今では多くのうつ病診断やチェックテストなどがあり、ネット環境さえ揃っていれば簡単に調べられるようになりました。チェックテストにはザックリとしたものから細々としたものまで豊富に取り揃えられているので、一つではなく幾つかを試してみると良いでしょう。例えば家族や友人が、うつ病だと診断されたらどうすれば良いのでしょうか。うつ病に対して知識が薄い人にとって大きな不安が襲うはずです。こちらが不安そうに接すると、相手は更にストレスを抱え込む恐れがあります。最適なのは、いつもと変わらない態度です。当たり障りのない会話をしたり、一緒に食事をしたりするだけで良いのです。何か特別な事をしようとせず、相手の様子を見ながら陰で治療を応援していきましょう。うつ病は様々な原因があって発症します。人からすれば些細な事でも、本人にとっては重要な事なのです。時には生死を分けるケースもあるでしょう。そんな時、発症原因や経緯などを追及してはいけません。それが元となり、色々と思い出して悪化する可能性が高いです。気になってあれこれと聞き出したくなる気持ちはわからなくもないのですが、黙って見守るのが一番だと言えるでしょう。また、叱咤激励も相手にとってはいい迷惑となる可能性が高いです。従来型のうつ病患者は自身を責める考えをしているので、どうしてこうなったのかは本人が一番理解しているのです。また、新型うつ病患者の場合は気性が荒い事もありますが、だからと言ってこちらも荒々しい態度をとって良いというわけではありません。感情的になっている相手に対しては冷静な対処が最適です。

もし、家族や友人にうつの可能性があるとしたら、まずはチェックテストを受けてもらうと良いでしょう。本人が全く自覚していない場合は不思議に思われるかもしれませんが、良いキッカケとなるはずです。ネット上にあるチェックテストは簡単に作られていますので、ハッキリとした診断は難しいです。それでも大まかな事はわかるので、心療内科に行くか行かないかを判断するには十分だと言えるでしょう。家族や友人が医療機関を受診する場合、可能な限り付き添ってあげると良いです。医師からの言葉は本人だけで理解するのが難しいかもしれないので、同席してあげるのが優しさです。