心のモヤモヤを取り払う!うつ病チェックでいち早く気付こう

いざ治療に挑む

ナース

チェックテストでうつ病の疑いがある事がわかれば、心療内科へ足を運ぶ人は多いでしょう。チェックテストだけでなく、実際にうつ病だと診断され、これから治療を始める人は不安が広がるものです。治療薬はありますが、それを飲んですぐに完治させる事が出来るというわけではありません。良くなったり悪くなったりを途中で挟みながら、じっくりと長い時間をかけて治していくのが基本です。また、もし完治したとしても、何かがキッカケとなって再発する可能性は高いです。再発させない為の治療も重要となるので、諦めずに根気よく続けていきましょう。うつ病治療は段階に分けられ、診断から約3か月間は急性期と呼ばれています。無理をしないように自分のペースで薬物治療を進めます。早い人だと一ヶ月で効果が現われ始めるでしょう。徐々に不安感が薄れ、前に比べると生活が楽しくなってくるはずです。そうなってくると回復期と呼ばれ、一進一退とも言える時期に移るでしょう。昨日は調子が良かったはずなのに今日は悪化しているなんて事も珍しくありません。回復したと勘違いして薬物治療を止めてしまう人もいるくらいなので注意が必要です。更に注意したいのが、希死念慮についてです。確実に良い方向に向かっているにも関わらず、自殺を図ろうとしたり実際に図ってしまったりする人がいるのが現状です。気持ちがなかなか安定しない時期ですので、完全な社会復帰を急ぐ必要はありません。

ある程度は回復したと医師から診断されたのであれば、再発予防期に突入します。様子を見ながら薬物治療を続ける期間は最低でも1年です。身も心も軽くなって社会復帰を果たしたとしても、いつ再発するかわからない不安定な状態です。治す為ではなく再発しない為に設けられた時期なので、症状が出ていないからと言って治療薬を飲まなくなるのは非常に危険です。また、再発のサインに関しては、初期症状に大変よく似ています。怪しいと感じれば、またうつ病のチェックテストを受けてみましょう。チェックテストの結果次第で、また医師に相談すると良いです。