心のモヤモヤを取り払う!うつ病チェックでいち早く気付こう

食生活の改善

ドクター

チェックした結果、もしかするとうつ病なんじゃないかと不安に思っている人は多くいます。うつ病だけに言える事ではありませんが、栄養バランスが整った食生活を送っていると症状を緩和させられるでしょう。食事は人が健康的に生きていく為に欠かせない行為であり、食べた物がそのままエネルギーとなります。ですので、栄養が足りていないとすぐに風邪をひいたり治りが遅かったりするはずです。風邪ならまだ良い方なのですが、これがうつ病なら大変です。家族や友人、恋人との食事を楽しむ事が出来れば、より美味しく感じるのではないでしょうか。楽しいという感情は精神的な安らぎへと繋がります。抗うつ効果があると注目されている成分も幾つかあります。セロトニンやノルアドレナリンの分泌量が減る事によって発症が上がるうつ病には、トリプトファンが最適です。簡単に言えばアミノ酸であり、大豆製品や赤身の魚に含まれています。セロトニンを作り出すキッカケと言われる成分なので、普段の食事から摂取していると症状の緩和に繋がるのは間違いないでしょう。また、ノルアドレナリンには葉酸が効果的だと言われています。葉酸は女性に良いとされており、サプリも多く出ています。緑黄色野菜やレバーなどに含み、こちらもアミノ酸と同様に摂取し続ける事で心身共に元気になれるかもしれません。うつ病チェックをして怪しい判定が出たのであれば、これらの栄養素を試してみましょう。

食事をしなければ人は生きていけません。それは心身共に言える事なのではないでしょうか。美味しい食事や楽しい食事には、身も心も満たすパワーが秘められています。食べ物が持つ栄養素が身体の細胞を活性化させ、生きる活力を作り出しているのです。また、自分の好きな食べ物を意識的に摂取していけば心はどんどん満たされるのではないでしょうか。もちろん、栄養が偏るのはいけない事なので、そこのバランスを上手く考えていく必要があります。最近ではサプリの種類も多く出ていますし、食事だけでは補えない栄養素が摂取できるので便利です。身近な事から出来る対策として、「食」に重点を置いてみるのも良いかもしれません。ネットを使えば、他にもどんな食材や調理法が効果的なのかが簡単にわかるはずです。うつ病チェックをして多くの項目に当てはまった場合、一段と食生活に気を配ってみましょう。しばらく続け、変化があったと感じたらもう一度チェックをしてみてください。当てはまる項目が少し減っているかもしれません。これだけで症状が緩和された場合、まだ初期の段階である可能性が高いです。不調が続くようであれば迷わず心療内科に助けを求めましょう。